美白化粧品の誇大広告に注意せんねん灸で血行改善

シミやくすみに悩む人が多いことから、美白化粧品などの商品に人気が集まっています。ですが、美白に関する広告表現には、公的な規制がありますので、注意しなければなりません。この規制を覚えておくことによって、誇大広告を見ぬくことができるというメリットがあります。
効果が認められていない化粧品などに、美白効果やホワイトニング効果という表現が使えないよう、規制されています。色黒の肌を徐々に白い肌にする、シミを消すといった表現は使えません。これらの方法は、医療機関における手術や処方される治療薬によって得られるものですので、治療薬でもない化粧品では、そこまでの効果が認められていないからです。
化粧品はあくまでも、シミやくすみなどを予防する目的として使用されるものです。ですので、美白やホワイトニングという表現を使う際には、シミやくすみの原因になる紫外線などを防ぐ効果があることを、同時に広告に記載する必要があります。
このような表現方法は、化粧水やクリームなどのスキンケア製品だけでなく、メーキャップ用のファンデーションや化粧下地などにも当てはまります。また、医薬部外品のスキンケア製品も、治療薬ではありませんので、同様の表現を用いなければなりません。
シミやくすみ対策には、血行を促進することも重要です。血行が滞ると、肌が再生する能力が低下して、古い角質がたまるようになり、いつまでもシミやくすみの原因であるメラニンが肌の奥にとどまってしまう場合があります。
血行を促進するために使える商品として、せんねん灸があります。家庭で簡単にお灸ができる商品で、肩などのコリが気になる部分に使うことで、筋肉がほぐされ、肩や首、顔にかけて血流がよくなり、肌の調子を取り戻すことができます。

ページの先頭へ戻る