クレイパックでお尻の美白に挑戦する

お尻は常に下着によって圧迫されているので、色素沈着が起こりやすいです。特にナイロン製の下着は締め付けが強く、必要のない刺激を与えています。元々お尻には座っているだけで圧力がかかるので、少しの摩擦や圧迫に敏感です。肌は刺激から守るだめに角質層を厚くすることもあるため、お尻には色素沈着や古い角質によって黒ずみが頻繁にできます。黒ずみを改善するのにおすすめなのが、クレイパックです。クレイパックに使う泥は様々な種類がありますが、美白に最も効果を持っているのがホワイトクレイです。これはフィンランドの湖底から採れ、ホワイトピートと呼ばれることもあります。数千年もの間、植などが堆積して形成された泥炭で、植物ステロールやミネラルなどが豊富です。ホワイトクレイの主成分はカオリンで、肌への刺激は少ない一方で毛穴の汚れをしっかりと洗浄して健康的な肌に導きます。ターンオーバーを促進する成分を多く含むので、美白に有効で化粧品に配合されることもあります。クレイパックの方法は、粉末状になったクレイに精製水を混ぜるだけです。お尻に塗る場合は大さじ2杯程度のクレイを用います。クレイを少なめにするとパック中に肌が乾燥するため、注意します。精製水はクレイに対して半分の量を準備し、ペースト状になるまで混ぜます。クレイは乾燥する時に肌の皮脂まで奪います。クレイにヒビが入ったり色が変わったりすると乾燥のサインなので、鏡で確認しながら精製水を加えます。お尻に塗って10分~20分立ったら、ぬるま湯で洗い流します。美白効果を得るには何回か継続しなければなりませんが、パック直後からお尻のザラつきが改善されるので、黒ずみ予防になります。

ページの先頭へ戻る